日本は長寿の国|練馬区で介護サービス・家事代行

長寿

先日健康診断に行ってきました。
結果は判定C。「悪玉菌が多いので運動をしてください」という旨の付記ありましたが、概ね健康なんだと思える結果なんでしょう。
日本は世界的に見ても長寿の国。長生きするための基盤があると考えられますから、それにあやかりたいものです。

2018年発表の長寿ランキング

以下、2018年厚生労働省発表によるもの

女性

1位 香港 87.66歳
2位 日本 87.26歳
3位 スペイン 85.84歳

男性

1位 香港 81.70歳
2位 スイス 81.50歳
3位 日本 81.09歳

どうやら日本人が長寿であることは間違いありません。むしろ1位でなかったのかと思ったりしてませんか。何にせよ長生きの秘訣は何なんでしょう。いろいろと推測できますが、テーマを絞って考えてみます。

医療の充実

上位の国に共通していえること。それは充実した医療制度が真っ先にきます。
例えば香港の場合、同国では保険制度はあるものの、医療保険の有無に関係なく、全員が同じレベルの医療を受けられるとのこと。医療天国はけっこう身近なところにありました。医療サービスを受ける側からすれば、まさに両手を挙げて歓迎すべき状況ではあります。しかし人口や経済状況も異なるため、日本のみならず欧米でも、このシステムを採用することは今のところ難しいでしょう。
他の国も見てみます。例えばスイスと日本。両国では国民皆保険制度が実施されていて、ほぼ強制的に健康保険に加入する仕組みが採用されています。条件的には香港と同じといえるかもしれませんが、少なからず未加入者もいるのが現状です。
さて、充実した保険制度といえばスウェーデンが有名。2014年のOECD調査報告で「他国が見習うべきモデル」とされていましたが、どのあたりにランキングしていたのでしょうか。男性で11位、82.4歳。女性で16位84.1歳となっていました。
どうやら医療制度さえ整っていれば、長寿世界ランキングTOP3に入れるとは限らないようです。逆に女性3位のスペインの医療制度は、正直なところちょっと微妙。公立と私立の病院で、料金も保険も待ち時間も大きく異なっているが実情。他の3国とは大きく異なる医療制度となっていることが分かっています。
当然といえば当然かもしれませんが、医療制度だけで長寿国になれるの訳ではなく、あくまで基盤の一つでしかないということなのでしょう。

食事

健康長寿といえば、やはり食事に着目せざるを得ません。
ランキング1位である香港は、中華思想ともいえる「医食同源」が深く根付いています。香港はグルメ大国として有名でもありますが、ただ豪奢であれば良いというものではない様子。「医食同源」といえばやはり漢方。香港では、食事と漢方が密接に関係していて、すでに庶民の食生活に深く浸透しています。漢方薬専門のお店が街のいたるところにあり、特に漢方街と呼ばれるエリアには、100以上の漢方薬専門店が軒先を並べていて、庶民の食生活に根付いていることが分かります。

次に我らが日本を代表する和食。平成25年に無形文化財としてユネスコから登録を受けて以来、世界中からリスペクトされてきました。しかし最新の研究によると、伝統的な和食が長寿の要因となっている可能性は低いのではないか、と考えられているようです。伝統的な和食、例えば江戸時代であれば、当時、脚気など栄養欠乏症に悩まされていたことが、すでに分かっています。グラフを見るとむしろ戦後、食の欧米化を適度に取り込んでから後の方が、平均寿命が急激に伸びていることが分かりやすくなっています。

日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(最新) – ガベージニュースより引用
1947年、男性50.06歳、女性53.96歳だったものが、そのあと急増、1960年には男性65.32、女性70.19歳、以降は緩やかに上昇し、現在に至る。
欧米化が進んだといっても、脂質の摂取量は欧米に比べて極めて少ないのは明白です。日本と欧米の一般的な食事のカロリーを同じにした場合、日本食は脂質を6割に抑えることが出来るとされています。脂質異常は血流に悪影響を及ぼすので、脳血管疾患、心臓疾患にかかりやすくなり、ひいては生活習慣病の原因となるのは明らかです。

そのほかの要因

遺伝的要因という考え方もあったそうです。しかし最新の研究では、遺伝的要因で長寿となる可能性は否定される傾向にあるとのこと。
長寿の秘訣が、医療制度や食事、社会環境や経済など、外的要因による可能性が高い以上、遺伝的な部分に起因する要素を見出すことに意義があるとは考えられていません。しかし統計的には、親が長生きすると、子は長生きする傾向がある事実は認められるようですが、それは環境的な要因が多分に含まれているとのことなので、遺伝的な理由でないとする見方が多勢だそうです。

スイスは幸福の国だから、物質が豊かだから、自然が豊かだから、教育が行き届いてるから、チーズを食べているから、長寿である。
さてどうでしょうか。なんというか北欧に対する憧れみたいなものを感じます。まあ私は行ったことがないのでなんとも言えませんが。

生活支援の記事

TOP