花粉症対策|花粉症が癌抑制!?

スギ花粉

今年も花粉の季節がやってきました。ちょっとヤバいくらいです。
気象庁が、なぜ花粉警報の基準を定め、広く国民にその危険性を周知せしめないのか。少なくとも私の中では甚だ疑問視されています。
厚生労働省によると、日本国民の約30%が花粉症だと推測されていて、各メディアで国民病と取り沙汰される機会も増えてきました。

平成22年度花粉症対策|厚生労働省

スギは日本固有種

花粉症の約8割、その原因物質とされているのがスギの木です。学名はクリプトメリア・ジャポニカ。その名には「隠された日本の財産」という意味があり、世界中どこを見渡してたとしても、日本だけに存在する一族一種の固有種であることは、あまり知られていません。
個人的には絶滅を切に願う一人だったのですが、邪険にするのもちょっと気が引けてきました。
古くは弥生時代から農具の原材料として活用されていたことが分かっています。また最近の研究結果によると、病気に強くて環境適応力も高い。成長が著しく速く、二酸化炭素の吸収量も大きい。更には軽量で加工しやすく、湿度を保つ。香りが豊かで木目が美しく、日本人の美意識を刺激する日本家屋に欠かせない存在であるスギの木。
花粉さえなければ凄い奴と、渋々ながら認めざるを得ない・・・。

花粉症の対策

花粉量がゼロか微量「花粉症対策杉」の苗木生産量が急増!
素晴らしい!品質に差がないとのことなので、是が非でも進めていただきたい。
花粉症の民間医療について|厚生労働省
ちなみに花粉症に対する民間医療に対し、厚労省はあまり良い印象を抱いていないことが、上のリンクからは伝わってきます。「納豆・乳酸菌・甜茶くらいなら効果も多少あるみたいだし、まあ摂取してもいいぞ」くらいなもんでしょうか。
マスク

花粉症を根治する

花粉症は放置してて治ることはほとんどないですが、きちんとした根治療法もあります。
「アレルゲン免疫療法(減感作療法)」と呼ばれていて、WHOの見解書によると、花粉症の自然経過を変える唯一の根本的治療法として記述されています。
実際に治療してくれる医院はいくつかあって、耳鼻咽喉科か内科で相談にのってくれるところが多いようです。

花粉症がガンを抑える?

日本の国民病「花粉症」に、“ガン予防の効果あり”という意外なメリット ――今年の花粉は早い! 早めのご準備を|男の健康|ダイヤモンド・オンライン
本文によると、膵臓がんが57パーセント低下、神経膠腫の発症リスクが45パーセント低下とあります。また、アレルギー症状と大腸ガンの関係を調べた研究では、花粉症などのアレルギー症状を1つだけもつ人より、2つ以上もつ人で大腸ガンの発症リスクが大きく低下ともあります。それだけでなく抑制効果もあり、大腸ガンによる死亡率が低下することも分かっている。
花粉症は、無害なスギ花粉に対する人間が本来持つ免疫システムの過剰防衛が原因で発現するアレルギー症状です。どうやらこの過剰な防衛こそが、がん細胞を破壊すると考えられているようです。
こんな研究結果があったとは・・・。
むむむ、でもですよ。文意から伝わるのは、花粉症が直接関係してるわけでなく、花粉症でなくても、過剰防衛力が働けば結局OKなのではと思うのですが・・・。

生活支援の記事

TOP