IoT(Internet of Things)。日常を変える近未来生活。

「IoT(Internet of Things)」とは

耳にした方も多いかもしれませんが、IT業界や家電メーカーなどでよく耳にするワードです。
「モノのインターネット」と訳されています。
そのまんま過ぎて、センスのない和製英語みたいですが、現実に1999年以降アメリカやイギリスで作り出された概念の一つなのです。
分かりやすくいうと「モノとモノを繋ぐネットワーク環境」と考えることができるでしょう。そうすると「携帯で電話することだってモノとモノじゃん」などと、ちょっと意地の悪い考え方もできてしまうのですが、それも広義にはIoTといって構いません。最初期はモバイル端末間でのやりとりに対しあてた造語なのですから、それも当然のこと。
しかし、現在では一歩進んで、電化製品やお風呂など、様々なシーンで活用されるようになってきたので、更に注目されているということなのです。

IoTの現在いろいろ

高齢者を見守るIoT ニフティ熱中症予防
※日経新聞より参照

まさにインターネットと生活のハイブリッドです。

  • 室温・湿度を自動検出して、常に快適空間を維持する。
  • 消費電力も把握して省エネも実現、更にカメラ機能なども付ければ防犯対策として機能もする。

(※記事中にある「スマートメーター(次世代電力計)」もIoTとされています。各電力会社で導入が進んでいて、検針員の代わりに電気メーターから計測→計算→フィードバックまで可能にしています・・・と大仰に書いてみたものの「今まで検針員が確認に来てたのか…」感も、個人的になくもない。)

IoT関連商品は他にも目白押しです。
ガジェット風にいくつかご紹介したいと思います。

おススメ番組を教えるAQUOSココロビジョンプレーヤー。
http://www.sharp.co.jp/aquos/netplayer/
近づくとしゃべりかけてきます。

スマートフォンを使ってお好みの1杯を抽出できるネスレプロディジオ
http://www.sharp.co.jp/aquos/netplayer/

見守りコンセントWiFi-Plug
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000019995.html

などなどです。
日本人特有の至れり尽くせり機能。TVリモコンのボタンのように、その機能の半分も活用できないかもしれないとはいえ、それでも、どれを取たっとしても、あって困るものでもないでしょう。

進化するインターネット

ガートナーの先進テクノロジのハイプ・サイクル
ガートナー | 「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2015年」を発表より参照

2015年発表、ガートナーの「先進テクノロジのハイプ・サイクル」では、インターネット業界への期待は、現在ちょうどピークを迎えているといわれています。
今後は少しずつ淘汰され、緩やかに期待値は降下し、本当に良いもの、必要なものが残っていくことでしょう。

人類最後の発明は「発明する人工知能」だそうです。完成すれば、ヒトの発明が不要となってしまうので、それ以降は何することもなく文明は発展していく、と考えられているわけですが・・・。それが楽しい世界だったらいいなと、願うばかりです。

生活支援の記事

TOP