「訪問介護」と「居宅介護」の違いとは?どんなサービスなの?

訪問介護と居宅介護

>> 家事代行業もてなし隊!15分800円~

「介護」といいましても、様々な形態があり、一言で表すのはなかなか難しいでしょう。
小さくカテゴリすれば、入浴介護や食事介助、生活援助も介護の一形態ということができます。
それでも大別するならば、施設に通ってサービスを受ける「施設サービス」。自宅に居ながらでも受けられるものを「居宅サービス」ということができるでしょう。

施設サービス

施設サービスは更に「デイケア」と「デイサービス」に分けることができます。
前者はリハビリが中心で、理学療法士のアドバイスを受けることができます。後者は、老人ホームなどが代表例として挙げられ、生活のケアが中心となり、食事や入浴、レクリエーションなどの様々なものがあります。

居宅サービス

現在、一番利用されている介護といえば「居宅サービス」でしょう。高齢者になればなるほど、持ち家である割合も高く、自宅でサービスを受けられることは、大きな利点といえます。
そして、その「居宅サービス」にも様々な形態があります。今回はそのうちの「訪問介護」と「居宅介護」について取り上げたい思います。
訪問介護と居宅介護

「訪問介護」と「居宅介護」の違い

大きな違いは、居宅介護には「介護保険の枠内でのサービス」であること、それに「ケアマネージャーが常駐」していることが挙げられると思います。居宅介護支援においては、ケアマネージャーが「介護保険に関わる法律に沿って、ケアプランの作成すること」や「要介護認定の書類作成代行する」ことが、その本来的な目的となるからです。
さてここで、厳密にはケアプランを作るのに、ケアマネージャーとしての資格は必要とされていません。しかしケアマネージャーは、専門職であり、国家資格です。セルフケアプランという手段もありますが、ケアマネージャーと同等の知識、専門性が求められます。
介護保険という限られた予算は、生半な知識で使うことはできないのです。

逆に訪問介護は、保険適用外のサービスが多数あります。介護を必要とする人間にとって、過ごしやすい日常生活を送るためには、全て保険の枠内で量られても、色々と困った事態が発生してしまうのです。その幅広い要求に応えるべく、限定的ではありますが、サービスの提供者に特別な資格を必要としないことがあります。無資格と言ってしまうと、悪い意味に聞こえてしまいそうですが、要介護者に食事を提供したり、病院に車で付き添ったりするために、調理師免許やタクシー運転手のような資格が必要といえるでしょうか?
そうです、そういうことなのです。これは介護の現場において、要介護者にとっても、サービスを提供する事業者にとっても、柔軟に対応できるよう設けられた制度と考えることが出来ます。

介護制度とは

介護の全ては、利用者が日常生活をきちんと、安心して営めるよう支援するためにあります。

生存権で知られる日本国憲法第25条

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する

社会福祉とは国民にとって、守らなくてはならない、最後の砦なのかもしれません。
そのためにも、私たちは「訪問介護」「居宅介護支援」の運用を、適正にすることを、常に心掛けていたいと思います。

介護・福祉の記事

TOP