洗濯する際には注意点を守って衣類を大切に!

生活支援

洗濯する際には注意点を守って衣類を大切に!

洗濯で重要なのはきれいに汚れを落とすこと、そして注意したいことは色落ち、縮み、傷みではないでしょうか。
できれば、傷みが少なくきれいになると良いですよね。

そこで衣類の素材や形状の特徴、正しいタグの読み方、洗濯ネットの使い方や注意点を知って、よりきれいに、より傷みの少ない洗濯方法を実践してみてください!

衣類の素材に使われているもの

衣類に使われている素材は多岐に渡りますが、素材によっては水に弱いもの、摩擦に弱いもの、色落ちしやすいものなどがありますので、特色を知っておくことが重要です。

素材として使われる代表的なものでは、綿、麻、毛(ウール)、絹、レーヨンなどがあります。
この中で綿は、比較的丈夫で水洗いも漂白も大丈夫ですが、色落ちしやすい素材でもあります。

一方、麻は水に強いものの色落ちしやすく、摩擦にも弱い素材です。
毛は、水でじゃぶじゃぶ洗濯した場合に、表面のスケールが開いて絡んでしまうので縮んだり硬くなったりします。

また、絹は非常に繊細で、色落ちもしやすいですし毛羽立ちもしやすい素材です。
レーヨンも水にぬれると繊維が膨れて縮んでしまうので、洗濯の際は細心の注意を払うようにしてください。

衣類のタグを読んでリスクを避ける

衣類についているタグで注意が必要なのは、洗濯可能マーク、手洗いマーク、水洗い禁止マーク、ドライクリーニング可能・不可能の洗濯表示です。
水洗い禁止マークがあるにもかかわらず洗濯機で洗うことがないように注意しましょう。

それから、干し方についても指定されているものがあります。
例えば脱水時間を短くするかやさしく絞ることが推奨されているもの、絞ってはいけないもの、日陰のつり干しが良いものなどがあります。
タグには素材によって細かく指定されている場合がありますので、注意深くチェックするようにしましょう。

間違った洗い方をしてしまっては、汚れが落ちても、縮んでしまったり固くなったりして着られなくなる恐れがあります。
衣類を長持ちさせるためにも、キチンと衣類のタグをチェックしてください。

洗濯ネットを使って衣類の傷みを軽減する

column0318_02[1]

衣類の傷みを防ぐポイントの一つとして、洗濯ネットを活用する方法もあります。
洗濯機のデメリットは衣類と衣類が絡まったり、ボタンや金具類が引っかかったり、あるいは型崩れをおこしたりしてしまう点です。

洗濯ネットは摩擦を小さくするため、汚れ落ちが弱くなるなどデメリットはありますが衣類を傷めずに洗濯したい場合には活用すると良いでしょう。
ただ、洗濯ネットで洗濯すると若干しわができやすくなりますので、通常より少し丁寧にしわを伸ばすように意識しながら干すようにしてください。

洗濯の仕方に気をつけるだけで、衣類の持ちは変わります。
「衣類の持ち」が悪いと感じる場合は、もう一度タグをチェックしてみましょう!

生活支援の記事

TOP