車いすの種類と目的に合った選び方のポイント

自走式と介助式

車いすの種類は大きく自走式と介助式の2つに分けられます。
自走式には手動のものと電動のものとがありますが、一般的に用いられるのは手動式のもので、電動式は外出の際に使用するか、手足が不自由な場合に使用されます。

介助式は、通常の車いすタイプのものとリクライニング式のものとに分けられ、座位が安定しないような重度の要介護者の場合、リクライニング式を利用します。

また、最近では小さく折りたためるタイプの車いすもあり、持ち運ぶ機会が出てくるような場合でも対応できるものが出ています。

ただし、折り畳み式の車いすは、フレームとフレームのつなぎ目の強度がどうしても弱くなるため、強い負荷をかけて壊わさないように注意する必要があります。

車いすを選ぶ際のチェックポイント

車いすのチェックポイントとして挙げられるのは、タイヤの大きさ、座面の広さと高さ、フットレストの高さや可動範囲、ひじ置きの可動の有無、ブレーキの仕様などです。

タイヤの大きさは自転車と同様にメーカーや車種によって異なります。
使用する人の肩の位置やひじの位置、動かせる範囲や力によって使いやすさが変わるため、動かして選ぶようにします。

座面は座位を保持するのに重要な要素です。
座面が広すぎると前後左右に振れて安定性がありませんし、筋力が弱いと体が傾く原因にもなります。
なるべく左右がきっちりフィットしたものを選択しましょう。

フットレストですが、高すぎても低すぎても座位が安定しませんので、座った時の膝の角度などに注意しなければなりません。
また、移乗の際にはひじ置きやフットレストが邪魔にならないよう稼働するものの方が使いやすく、介護もしやすいでしょう。

自走式車いすと介助式車いすは用途によって選ぶ

column0311_02[1]

自走式車椅子は使用者自身が自由に動かせるメリットがありますが、介助式に比べて場所を取るというデメリットがあります。

室内外兼用で、使用者が十分に車いすを自走させることができる場合は自走式が良いですが、常に介護者がいて室内と室外を使い分ける場合は室内の移動時にはスペースを取らない介助式、外出用に自走式を使用する場合もあります。

介護者が車いすを選ぶ際には、車いすで移動する場所に応じて自走式車椅子か介助式車いすかを選択する場合もあります。

実は凸凹した道や段差の多い場所などでは自走式のようにタイヤが大きい方が押しやすく、平坦で段差のない場所では介助式のようにタイヤが小さく軽いものの方が押しやすいので、実際に自走しなくても外出が多い場合は自走式を選ばれるケースも多くあります。

後は、介助者が握るハンドルの高さやアルミや鉄などの素材、クッションの有無などを勘案して選択すると介助もしやすくなります。

介護・福祉の記事

TOP