【3つの機能】押さえておきたい介護用ベッドの種類

介護用ベッドの種類は以前に比べると非常に増えました。
メーカー各社はそれぞれ特徴のあるものを取りそろえ、身長や要介護状態、介護者の負担軽減など、状態や目的に合わせて選ぶことができるようになっています。

しかし、選択肢の幅が広がったことにより、不要な機能がついていたり、ニーズに合っていないベッドを購入したりレンタルしたりするリスクが発生します。

どんなベッドがどんな人に合っていて、どんな介護者に向いているのか、どんな機能をどんな場面で使用するのか。
いくつかのポイントを押さえるようにしましょう。

背上げ機能の使い方

まず、基本的な機能ですが、介護用ベッドには「背上げ機能」がついたもの、「高さ調整機能」がついたもの、「膝上げ機能」がついたものがあります。

背上げ機能は、ベッドの上部が上昇し、ベッド上で座位がとれるような機能です。
この機能がついていると、ベッド上で食事の姿勢がとれますし、椅子の背もたれのような使い方もできるので非常に便利です。
今の介護用ベッドのほとんどに背上げ機能がついています。

高さ調整機能の使い方

以前のベッドはあらかじめ決められた高さで固定されたものやハンドルを回して高さ調整するタイプのものが主流でしたが、今ではモーター式のものが中心になってきています。

介護をする場合には低すぎるベッドは介護者の負担になりますし、高すぎるベッドは要介護者の立ち上がりを難しくしたり、転落のリスクを高めたりします。

そのため、要介護者が立ち上がったり、ベッドに移ったりする際、あるいは就寝中はベッドを低めにして、介護者がおむつ交換や食事介助をする際には高くできるように工夫できるようになりました。

膝上げ機能の使い方

三つ目の膝上げ機能ですが、他の機能に比べると重要度が低いと考えられているようで、実際のところ介護用ベッドでもこの機能がついていないものも多くあります。

膝上げ機能は、ベッドの下部でちょうどひざ裏辺りが山なりに上昇するのですが、通常使われるのは背上げ機能を使って座位を取るときです。
ベッド上での座位は足が伸びた状態になってしまうので、姿勢としてはあまり楽ではありません。

そこで、膝を上げて座りやすい姿勢がとれるようになっています。
また、背上げ機能と同時に膝上げ機能を使うことによって体が下の方へずれるのを防止してくれます。
寝返りができない方や座り直しができない方には必須機能だといえます。

「3モーター」のものは機能も充実しているが価格も高い

column0304_02[1]

これら3つの機能はそれぞれモーターで動かすことができますが、ついている機能の数によって1モーター式、2モーター式、3モーター式と呼ばれています。

理想的なのは3モーター式ですが、モーターの数が増えると介護用ベッドの価格が上昇し10万円以上になります。
体の状態や介護者の状況を加味して選択するようにすると良いでしょう。

特に要介護状態の軽い場合であれば1モーターでも十分対応できることもあります。

介護・福祉の記事

TOP