なぜ汚れる? 排水溝汚れの原因と適切な掃除方法

主婦の皆さんの中には、キッチンやお風呂にある排水溝の汚れや異臭に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
そもそも排水溝というのは、なぜあんなに汚れてしまうのでしょうか。
今回は排水溝の汚れの原因と、排水溝を綺麗に洗浄するためのオススメの掃除方法を紹介していきます。

なぜ排水溝は汚れる?

キッチンやお風呂で使った水は、排水溝から排水パイプ(配水管)を通り、下水へと抜けていくため、排水溝は水が抜け出す第一関門となります。
そして排水溝には「排水トラップ」と呼ばれるフィルターが付いています。
排水トラップにはその先にある排水パイプを詰まらせたり、排水パイプ内の臭いを食い止める働きがあります。

しかし、この排水トラップにはデメリットもあり、汚れを排水パイプや下水まで流さずに表面で食い止めてしまいます。
キッチンやお風呂で使う水には、洗剤や石鹸・食べかす・体毛や身体の垢などが多量に含まれているので、それが排水トラップに食い止められて汚れとして残っていきます。
これが排水溝汚れの原因です。

また溜まった汚れにはカビなどの細菌が集まってくるので、こちらも汚れや異臭を誘発させる原因となります。

排水溝の掃除方法

column0229_06[1]

排水溝は内部の排水トラップ周りが特に汚れており、異臭の原因ともなっています。
そのため排水溝表面だけでなく、排水トラップを空け内部までしっかりと掃除していくことがポイントとなります。
排水トラップの空け方は、キッチンやお風呂の取扱説明書などに記載されているはずです。

掃除方法としては、まずは排水溝や排水トラップに溜まっている、食べかすや体毛などの大きなゴミを手袋で取り除いてきます。
その後、台所用やバス用のカビ取り洗剤を歯ブラシなどに付け、ゴシゴシと汚れを落としていきます。

仕上げに市販の重曹を排水溝周りに撒き、さらに酢をその上から垂らし、10分程度放置した後に水で洗い流しましょう。
重曹と酢を使うことで、隙間などに溜まったネバネバした頑固な汚れが取り除かれ、また臭いも中和されます。

排水パイプの掃除方法

排水パイプのほうも長年使っていけば次第に汚れが溜まっていくため、そのうち悪臭を放ってしまいます。
排水パイプは市販の「パイプクリーナー」などを使用して洗浄しましょう。
ただし排水パイプは、汚れが酷く溜まった状態になると、パイプクリーナーだけで洗浄できない場合もあります。
ここまでくると素人ではなかなか掃除することができないので、プロの業者に掃除を依頼したほうが良いでしょう。

また排水溝においても、構造が複雑で掃除がし難い場合などは、プロの業者に依頼したほうが良いかもしれません。
プロに頼めば専門の機材で徹底的に洗浄してくれるので、排水溝や排水パイプを新品同然の状態に戻すことができます。

排水溝はその構造上、使っているうちに少しずつ汚れていくものです。
キッチンやお風呂を清潔に保つためにも、定期的に掃除をして汚れや異臭を取り除いていくようにしましょう。

生活支援の記事

TOP