介護保険でレンタル・購入ができる福祉用具

介護

介護保険は車いすやベッドといった一般的な福祉用具はもちろん、歩行器・排泄器具・入浴器具などの特殊な福祉用具のレンタル・購入費用にも適用されます。
このページでは介護保険が適用される福祉用具をまとめました。
福祉器具が必要な方はぜひ参考にしてみてください。

介護保険でレンタルできる福祉用具

介護保険でレンタルできる福祉用具は、主に以下のようなものが挙げられます。

・車いす
・車いす付属品
・体位変換器
・手すり
・スロープ
・歩行器
・歩行補助杖
・認知老人徘徊感知機器
・移動リフト
・特殊寝台(介護用ベッド)
・特殊寝台付属品
・床ずれ防止用具
・自動排泄処理装置

介護保険でレンタルできる福祉用具は、価格が高額な用具や、他人と使い回しできる用具がメインとなっています。
要支援・要介護に認定されている方であれば、こういった福祉用具を1割負担でレンタルすることが可能です。

介護保険で購入できる福祉用具

介護保険で購入できる福祉用具は、主に以下のようなものが挙げられます。

・腰掛便座
・特殊尿器
・入浴補助用具(入浴用イスや入浴用すのこなど)
・簡易浴槽
・移動式リフトの吊具

介護保険でレンタルできる福祉用具は、価格が安めなものや、排泄や入浴などをともない他人と使い回しがしにくいものがメインとなっています。
要支援・要介護に認定されている方であれば、こういった福祉用具を本人1割負担で購入することが可能です。
(購入後、購入費の9割分が払い戻されます)
ただし購入の場合は、払い戻しの上限額が年間10万円となっているため、超えた分については自己負担となります。

福祉用具をレンタル・購入する際の注意点

介護

福祉用具のレンタルや購入に介護保険を使用できるのは、要支援・要介護に認定されている方に限ります。
そのため正式に認定されていない場合は、身体に問題を抱えていても介護保険は利用できません。
また要支援・要介護度によって、レンタル・購入ができない福祉用具も出てきますので、この点も頭に入れておく必要があります。

なお介護用具をレンタル・購入する場合は、基本的にはケアマネージャーと相談の上、レンタル・購入の算段をしていくことになります。
ケアマネージャーが、本人の要支援・要介護度や身体の状態を考慮した上でベストな福祉用具を選定し、合わせて業者へのレンタル・購入の手配も行ってくれます。

このように介護に必要な大抵の福祉用具というのは、介護保険を使用してレンタル・購入が可能です。
福祉用具の利用費用は介護保険を使用しないと高額な出費となってしまうので、まずはケアマネージャーと相談した上で、介護保険を使用してレンタル・購入をすることをおすすめします。

介護・福祉の記事

TOP