介護保険法によって規定された「要介護認定」とは?

要支援と要介護、介護の仕事をしている方や介護に興味をお持ちの方であればどちらもよく聞く言葉ではないかと思いますが、皆さんはこの2つにはどんな違いがあるのか知っていますか?

今回は介護保険の利用を考えている方やその家族なら必ず知っておくべき「要介護認定」について、詳しくお話ししていきたいと思います。

要介護認定とは?

要介護認定とは、介護サービスの必要度を判断するために介護保険法によって規定されているもので、保険者である市町村に設置されている「介護認定審査会」によって判定されます。

要支援と要介護は、要介護認定において被保険者の介護を必要とする度合いを判断するために設けられているもので、最も軽度な「要支援1」から最も重度な「要介護5」までの計7段階があります。

要支援状態

日常生活において支援や見守りを必要とする状態のことで、要支援状態にある被保険者のことは「要支援者」といいます。

さらに要支援には、その程度によって2段階の要支援状態区分が設けられています。
(以下は介護保険法における「おおむねの状態像」となっています)

・要支援1
手段的日常生活動作の一部に若干の低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる状態

・要支援2
手段的日常生活動作の一部に低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる状態

要介護状態

要支援よりも重度な、日常生活において介護を必要とする状態のことで、要介護状態にある被保険者のことは「要介護者」といいます。

さらに要介護には、その程度によって5段階の要介護状態区分が設けられています。
(以下は介護保険法における「おおむねの状態像」となっています)

・要介護1
要支援状態から、手段的日常生活動作を行う能力がさらに低下し、部分的な介護が必要となる状態

・要介護2
要介護1の状態に加え、日常生活動作についても部分的な介護が必要となる状態

・要介護3
要介護2の状態と比較して、日常生活動作および手段的日常生活動作の両方の観点からも著しく低下し、ほぼ全面的な介護が必要となる状態

・要介護4
要介護3の状態に加え、さらに動作能力が低下し、介護なしには日常生活を営むことが困難となる状態

・要介護5
要介護4の状態よりさらに動作能力が低下しており、介護なしには日常生活を営むことがほぼ不可能な状態

介護保険は申請しなければ受けられない

column0112_02
健康保険が被保険者証を持っているだけで保険給付を受けられるものであるのに対し、介護保険は要介護認定を受けなければ給付してもらうことができません。

また給付金の支給限度額についても要介護度によって決められていて、要介護度が高くなるほど受け取れる金額も高くなります。

もしご家族の中に支援や介護を必要とする高齢者がいて、介護保険の給付による支援を自治体から受けたいという場合には、まずはお住まいの市町村に要介護認定の申請をすることから始めましょう。

介護・福祉の記事

TOP