ケアマネージャーの資格と働く職場について

介護に関する資格は介護福祉士や介護職員初任者研修などたくさんありますが、皆さんはケアマネージャーという資格のことをどれくらい知っていますか?
ケアマネージャーは高齢化社会の現代に無くてはならない、とても重要な資格となっています。
今回はケアマネージャーという資格の詳細や、ケアマネージャーが働く職場について紹介したいと思います。

ケアマネージャーとはどんな資格なの?

ケアマネージャー(正式名称「介護支援専門員」)とは、平成9年に始まった介護保険制度の中核を担うために誕生した職種で、介護を必要とする高齢者と介護保険サービスを繋ぐ役割を持っています。

具体的な仕事内容としては高齢者やその家族の介護相談、要介護認定の書類作成代行、ケアプランの作成などがあり、「お年寄りのマネージャー」として、高齢者がより良い老後生活を送ることができるために、日々ケアマネージャーたちは努力を続けています。

介護を必要としている方やその家族の介護問題にケアマネージャーが介入することで、その方達を明るい方向へと導いていくのが、ケアマネージャーに与えられた役割なのです。

ケアマネージャーが働く職場の種類

column1214_02

ケアマネージャーはさまざまな職場で働いていますが、今回はその中から代表的な3つの職場を紹介したいと思います。

・居宅介護支援事業所
最も多くのケアマネージャーが職場としている居宅介護支援事業所では、すべての業務をケアマネージャーが主体となって行っています。
基本的に1人の利用者を1人のケアマネージャーが担当しており、担当ケアマネージャーは事業所からお年寄りのいる自宅に訪問して、介護に関する相談や要望を聞き出しています。

・在宅介護支援センター
市町村が設置している高齢者のための相談窓口です。
在宅介護支援センターで働くケアマネージャーは、高齢者の生活を支援するために、1人暮らしの高齢者や高齢者世帯の家族などから相談を受けています。

・介護保険施設
「施設内に必ずケアマネージャーを置かなければならない」と決められていることから、介護保険施設で働くケアマネージャーも非常に多くなっています。
介護保険施設は目的別に「介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」に区分されており、ケアマネージャーはそれぞれの施設で入居者の心身を支援する業務を行っています。

ケアマネージャーの資格は合格率20%の難関!

ケアマネージャーの資格を取得するためには試験に合格をする必要があるわけですが、ケアマネージャー試験は「難易度の高い試験」として受験生たちの間で有名です。

介護保険が創設された当時の平成10年度は、受験生の40%以上が合格をしていました。

しかし介護保険制度が整ってケアマネージャーの資格取得者が増えてくるにつれて合格率は下降していき、平成23年度の試験では合格率が過去最低の15.3%となったのです。

ケアマネージャー試験に合格するのは決して簡単なことではありません。
そのためケアマネージャー試験を受験する場合は、傾向と対策を踏まえながらしっかりと準備した上で臨むようにしましょう。

介護・福祉の記事

TOP