キッチン掃除はこうすれば解決! 部分別掃除法とは?

掃除

水廻りの掃除は面倒なことが多いですが、特にキッチンは、レンジフードやシンク、排水溝など汚れが溜まりやすい部分が多いです。

キッチンが汚れていると、料理をする気も失せてしまいますし、汚いキッチンを見ると掃除するのが更におっくうになってしまいますので、できればいつもきれいな状態で維持したいところですね。
今回は、キッチンをきれいに保つための部分別掃除法をご紹介します。

レンジフード

レンジフードや換気扇のファンには油汚れがつきやすく、こびりついてしまうとなかなか取れません。

レンジフードの油汚れには、まずはスポンジやタワシでこすって洗いますが、それでも落ちない場合は、洗剤を溶かしたぬるま湯につけおきするのがおすすめです。
こびりついた汚れが柔らかくなったところで、クレンザーをつけたタワシなどでこすり落としましょう。

それでも汚れが落ちない場合には、お湯に重曹を溶かして漬け置いてからこすり落としてみてください。
なお、油汚れは汚れてすぐの状態が落ちやすいので、毎回使用直後に掃除すると楽に掃除が出来ます。

柔らかい間の油汚れなら、水拭きやキッチンクロスだけでも落とすことが可能です。

シンク

シンクまわりも汚れがつきやすい部分です。
シンクを掃除するときには、掃除用の中性洗剤とスポンジ・タワシを用意しましょう。

水栓金具部分には歯ブラシを使うと効果的です。そして、こすり洗いをして水垢やサビなどを落としましょう。
このとき、強くこすり過ぎるとシンクの表面が傷つき、かえってサビの原因になりますので注意が必要です。

シンクの掃除も、できれば少しずつでも毎日するのがおすすめです。
毎日の掃除はこすり洗いをして水で流す程度でもかまいません。

排水溝

排水口の掃除には、クリームクレンザーとブラシ、歯ブラシやタワシを使ってこすり洗いしましょう。
汚れがひどい場合は、重曹とお酢を使ってこすり洗いするのがおすすめです。
このことによって、ヌメリ取りと除菌が可能です。

シンク下の水受けトレーも見逃しがちなので注意が必要です。
設置されている場合には、少なくとも週に1度は様子を見て、溜まった水を捨て、簡単でかまわないので掃除しましょう。

冷蔵庫

冷蔵庫も汚れやすい場所です。
冷蔵庫の外側の汚れの主な原因は、油や手アカなどです。
これを清潔に保つためには、水拭きでかまわないのでこまめに拭き掃除をして汚れを落とすことが効果的です。

冷蔵庫の中の掃除は、こまめに食品のくずや汚れを除去すること、さらに数ヵ月に1度は、冷蔵庫の中身を外に取り出して、集中的にしっかり掃除することが大切です。
台所用洗剤を使っても良いですし、除菌効果のある酸素系漂白剤を使うのもおすすめです。

キッチンタイル

冷蔵庫も汚れやすい場所です。
冷蔵庫の外側の汚れの主な原因は、油や手アカなどです。

これを清潔に保つためには、水拭きでかまわないのでこまめに拭き掃除をして汚れを落とすことが効果的です。
冷蔵庫の中の掃除は、こまめに食品のくずや汚れを除去すること、さらに数ヵ月に1度は、冷蔵庫の中身を外に取り出して、集中的にしっかり掃除することが大切です。

台所用洗剤を使っても良いですし、除菌効果のある酸素系漂白剤を使うのもおすすめです。

掃除のプロを利用する

掃除

キッチンの掃除は意外と大変なものです。自分でするのが難しいと感じる場合には、掃除のプロに依頼するのもおすすめです。
数ヶ月に一度で良いので定期的にプロに掃除を依頼すれば、キッチンをきれいに保つことが出来ます。

掃除がしやすいところは毎日少しずつの工夫できれいなキッチンを保てますが、掃除が困難な場所に、無暗に手を出してしまうと怪我をしてしまうかもしれません。
無理はせず、プロに任せて気分の良いキッチンを目指しましょう。

生活支援の記事

TOP