床にある黄色い点字ブロックの意味を知っていますか?

点字ブロック

外を歩いていると、さまざまな場所の床に黄色い点字ブロックが設置されていることに気付くかと思います。

この点字ブロックが障害者のために設置されているものであることは知っていても、その具体的な役割や点字ブロックが広まった経緯といったことまで知っている人はなかなかいないのではないでしょうか。

そこで今回は知っているようでよく知らない、点字ブロックについてのお話をしていきたいと思います。

点字ブロックの役割と歴史

駅や公共施設などに設置されている黄色い点字ブロックは、正式名称を「視覚障害者誘導ブロック」といいます。

視覚障害者が1人でも屋外を安全に歩行できるようにすることを目的に設置されており、目が見えなくても足の裏の感覚で形状や存在を確認できるように、点字ブロックの表面には突起が付いています。

また色が黄色いのは、全盲ではないが視機能の弱い『弱視者』でも見つけやすくするため、ということが理由となっています。

実は点字ブロックは日本生まれのもので、昭和42年に岡山県で旅館業を営む三宅精一氏が、友人が失明したことをきっかけに私財を投げ打って開発したのが始まりとなっています。

そしてその後、少しずつその価値が認められていったことで点字ブロックは日本中、そして海外にも広まっていったのです。

線状ブロックと点状ブロック

点字ブロック

すでにご存じかとは思いますが、点字ブロックには「線状ブロック」と「点状ブロック」の2種類があります。

・線状ブロック
誘導対象施設の方向を案内するために、道路や廊下に沿って設置されている点字ブロック

・点状ブロック
曲がり角や交差点などの注意が必要な地点や、誘導対象施設の到着地点などを示すために設けられている点字ブロック

視覚障害者の方が屋外を移動するときは、まず線状ブロックを白杖(はくじょう)もしくは自分の足で確認しながらまっすぐ進みます。
そして足元に点状ブロックがあるのを確認することで「ここから先は危険」と判断して停止をし、そこから線状ブロックのある別の方向へ曲がってまた足元を確認しながら目的地へと移動していくのです。

バリアフリーと点字ブロック

通称「バリアフリー新法」とも呼ばれている「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」というものがあります。

これは高齢者や障害者の自立した日常生活および社会生活を確保するために、平成18年12月に施行された法律で、デパートやホテル、福祉施設などの特定建築物に適用されている法律です。

このバリアフリー新法では廊下の幅やトイレの設置、エレベーターの大きさなどと一緒に「階段やスロープに近接する床には点状ブロックを設ける」という、点字ブロックに関する基準も設けられています。

点字ブロックに関する法律が存在していることからも分かる通り、点字ブロックは今や屋外や建築物のバリアフリー化を進めていく上で欠かせないものとなっているのです。

普段その恩恵を受けていない方も、今後外に出掛ける際は点字ブロックに注目をしながら、その意味について考えてみてはいかがでしょうか。

生活支援の記事

TOP