便器の尿石汚れを落とすお掃除テクニック

便器の簡単に落ちない黄ばみの原因は、残った尿が結石化した尿石汚れです。
尿石汚れは嫌なニオイの原因にもなるので、効果的な方法で綺麗にしたいですよね。
そこで、汚れレベル別にお掃除テクニックをご紹介します。

初期汚れならお酢やクエン酸でパック

まだ軽度な尿石汚れであれば、お酢や液体のクエン酸とトイレットペーパーを使って便器にパックしてみましょう。
トイレットペーパーの上からラップで覆うと、浸透力がアップします。
汚れた部分にお酢やクエン酸を塗布してから、トイレットペーパーを被せて液だれを防ぎます。
1時間程放置してから、トイレ用ブラシでこすれば綺麗になる事があります。

中期汚れはクレンザーやメラミンスポンジ、サンドペーパーでこすり落とす

そろそろ黄ばみが強くなってきたなと感じるくらいの中期汚れはクレンザーとメラミンスポンジでこすり落としましょう。
ゴム手袋や使い捨てのビニール手袋をはめて、クレンザーをふりかけてからメラミンスポンジで軽く擦ります。
メラミンスポンジでも落ちない場合は目の細かいサンドペーパーで擦ります。
便器に傷がつく事があるので、尿石汚れの部分だけ擦るように気を付けて下さい。

末期な尿石には塩酸か業務用強力洗剤でピカピカに!

放置しすぎて後悔してしまいそうな末期汚れは酸で溶かすのが手っ取り早いでしょう。
ひどい尿石汚れは、市販の普通の洗剤では落ちにくいと言われています。
塩酸には尿石を溶かす効果があります。
その反面、塩酸は取扱いや使用法に厳重な注意が必要です。
ドラッグストアで購入が可能ですが、身分証明と印鑑が必要になります。
掃除に使用する時には塩酸独特のツンとしたニオイが充満するので、しっかりと換気してタオルで鼻口を覆ったりメガネをかけるなどの対応が必要になります。

塩酸を使ったお掃除方法について

掃除
便器の中の水を、紙コップなどいらない容器で取り除いてから水分をしっかり拭きとります。
そこに塩酸をまんべんなくかけて、6時間程放置します。
溜まった塩酸をいらない容器で取り除いて完了です。

ここでの注意すべきポイントは、塩酸をトイレに流さない事です。
トイレに塩酸を流してしまうと、排水管が傷んでしまう事がありますので気を付けましょう。

塩酸の取り扱いが怖いという方は、業務用の強力なトイレ用洗剤を使ってみましょう。
ネット通販などで簡単に購入する事ができます。
お掃除のプロが使用する洗剤なので、効果には十分期待できるはずです。

生活支援の記事

TOP