お風呂のカビをとる5つのテクニック

掃除

お風呂場にカビはつきものと、半ばあきらめている方も多いでしょう。
しかし、ちょっとした工夫で掃除の手間を省けたり、カビの発生を抑えたりすることができます。
今回は知っておくと役立つお風呂のお手入れについてお話しします。

使う前に床や壁に水をかける

石鹸カスや垢、皮脂、髪の毛はカビにとって重要な栄養素になるため、これらが壁や床に残らないようにすることが重要です。
壁や床をあらかじめ濡らしておくことで、カビの栄養となる石鹸カスなどが壁や床に付着することを防ぐことができます。

もちろん、お風呂を使ったあとは必ず壁や床をきれいにしておかなければなりません。
これをやっておくか否かでお掃除の手間もだいぶん変わりますよ。

熱湯をかける

カビは45℃以上の温度で死滅するため、壁や床に湯をかけまわすのは非常に効果があります。
お風呂の石鹸カスや垢を洗い流す際は45℃以上のお湯を使ってみましょう。
週一回程度やるだけでも十分に効果があります。
ちなみに、お湯ではなく冷水をかけしまうと、カビの増殖を手助けしてしまい逆効果となるので注意が必要です。

お風呂場を十分乾燥させる

掃除
カビは湿度70%以上を好むため、カビの繁殖を抑えるにはお風呂の通気を良くして壁や床を乾燥させておくことが大切です。

しかし、通気が悪いからと言ってお風呂場のドアを開けっぱなしにするのでは逆効果になります。

お風呂の湿気とカビの胞子を他の室内に呼び込むことになり、かえってカビの繁殖域を広げてしまいます。

換気扇を回したり、窓を開けるだけで十分乾燥できない場合は、直接壁や床を拭いて水分を除去してください。

ピンクのぬめりを取り除く

タイルの目地や排水溝周りなどがうっすらとピンク色に染まることがありますが、これは「ロドトルラ」という酵母菌の一種によるものです。

ロドトルラはカビではありませんがカビ以上に強い繁殖力を持っているため、次に黒カビが発生する箇所を指し示す目印になります。

ロドトルラはカビ菌のように目地深く菌糸を張り巡らすことは無いので、擦るだけですぐ落とすことができます。
しかしそれでは菌を完全に除去することはできません。
また通常のバス用洗剤もあまり効き目はありません。

ロドトルラにはエタノールが有効です。
消毒用エタノールを染み込ませたペーパータオルを用意し、10秒間程発生個所に押し当てるだけで完全に菌を死滅させた後、ブラシ等でこすり落とすとよいでしょう。
エタノールは黒カビ等の他の菌の除去にも役立ちます。

また、ロドトルラ退治に有効な成分を含む洗剤もあるので、買い物のときに効果や成分表をチェックしてみて下さい。

カビ取り剤や予防剤を使用する

カビ取り剤の定番と言えば塩素系の漂白剤ですが、強い刺激臭があったり、衣服や手に付着しないよう十分注意する必要があったりと取り扱いにはちょっと注意が必要です。

その点、乳酸系のカビ取り剤ならば刺激臭が少ないですし、弱酸性であるため素手で取り扱うことも可能です。
ただし漂白作用は無いので、塗ってしばらくした後こすり落とす必要があります。

その他にカビの発生を抑制する予防剤を併用するのも効果的です。
燻煙剤タイプや納豆菌由来の細菌の力を借りてカビの繁殖を抑えるタイプなどいろいろな種類があります。

これらはバスタブの底など手の届かないお風呂のすみずみまで薬剤を散布することができます。
ただし、お風呂場の作りや素材により効果はまちまちですので、「掃除の手間をある程度軽減するもの」ぐらいに考えておいたほうが良いかもしれません。

カビの発生を抑えるには、まず栄養素である石鹸カスや垢等が、お風呂場の壁や床に残らないようにすること。
お風呂場を十分に乾燥させカビが発生しにくい環境にしておくこと。

更にはカビ取り剤や防止剤を適切に使用しカビを除去することが肝心です。
この3点が日々おこなえていれば、お風呂場のお手入れも随分楽になりますよ。

生活支援の記事

TOP