障がい者が幸せに生きるための「障がい者福祉サービス」

介護

障がい者福祉サービスは厚生労働省が定めた障がい者自立支援法に基づいて行われているサービスのことで、障がい者と健常者が互いに区別されないことを理想とするノーマライゼーションな社会の実現を目指しています。

サービスシステム

介護

サービスの種類には介護支援をする「介護給付」と障がい者が日常生活を送れるように訓練をする「訓練等給付」があります。

介護給付とは

障害者の日常生活での手助けを行うサービスのことで、以下のものがあります。

■居宅介護
ホームヘルパーが食事や排泄、入浴など介護と掃除や洗濯などの家事、日常生活に関する相談やアドバイスといった支援をする。

■重度訪問介護
重度の肢体不自由者や知的障がい者、精神障がい者といった常に介護を必要とする方に、居宅介護と外出時の移動中の介護を総合的に行います。

■同行援護
視覚障害によって移動に著しい困難を有する障がい者の外出時に同行して、移動の際に必要な情報の提供や移動の援助といった外出の際に必要な支援を行います。

■行動援護
知的障がいや精神障害のある人の行動する際に生じると思われる危険を回避するために必要な援護です。
外出時の移動中の介護、その他にも必要な援助をします。

■療養介護
病院においての機能訓練、療養上の管理や医学的管理に基づいた介護になります。
常用介護の必要な人で日常生活の介護だけでなく医療を要する障がい者が対象です。
医療上の介護や日常生活の世話などの支援をします。

■生活介護
障がい者支援施設において常時介護が必要な生産活動の必要な人などが対象で、日常生活の介護や相談、アドバイス、生産活動の機会の提供などを行います。

■短期入所
居宅において介護をしている人が疾病などの理由で施設への短期入所が必要な場合、当該施設へ短期間の入所が可能。

■共同生活援助(グループホーム)
障がいのある方に対して、主に夜間において共同生活を営む住居での介護などの日常生活での援助を行います。

■施設入所支援
施設に入居する障がい者が対象で、主に夜間の生活介護、相談やアドバイスを行い支援します。

■重度障がい者等包括支援
常に介護を必要とする人のなかでも特に必要度の高い人に対して、前述の支援を包括的に行います。

訓練等給付とは

介護・福祉の記事

TOP