デイリーサポート そら≪  よくある質問

Q.介護保険の手続きは、65歳になったらしなければならないのですか?

介護保険制度では65歳になった時点で自動的に第1号被保険者として適用されます。
65歳になったからといって、特別手続きをする必要はありません。

Q.介護保険のサービスを利用するにあたり、利用料の1割または2割負担以外に自己負担はありますか?

1割または2割の自己負担とは別に、施設などでは食費、居住費(光熱水費)などが原則、自己負担になります。
金額はサービスの種類や利用者の所得などにより異なりますので、市区町村の窓口や地域包括支援センター、担当のケアマネジャーにお問い合わせください。

Q.要介護度はどう決まるのですか?

調査員が自宅や施設等を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。
主治医意見書は市区町村が主治医に依頼をします。主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要です。

Q.ケアマネジャーが行うケアマネジメントとはどのようなものですか?

介護保険制度においては、「居宅介護支援」「介護予防支援」と呼ばれており、介護保険制度内外の必要な保健・医療・福祉サービスなどを適切に利用できるよう、ご本人やご家族の依頼を受けて、サービスの利用計画であるケアプランを作成します。
ケアプランに基づくサービスの提供が確保されるよう、ケアプランに位置づけたサービスの提供事業所などとの連絡調整を行うなどの支援を行います。

Q.ケアプランは、自分自身で作ってもいいのですか?

ケアプランはご自身で作成することもできます。
ご自身で作成したケアプランはお住まいの市区町村に届け出て、内容の確認を受けてください。
ただし、サービスの提供事業者を選択したり、自分に一番適しているサービスの種類や量、内容などを決めたりすることは簡単なことでありません。ケアマネジャーが作成しても自己負担はかかりませんので、相談してみてください。

Q.サービスにおいてヘルパーさんの指名はできますか?

特定の介護スタッフを指名することはできません。

Q.家族全員分の洗濯や食事の準備もお願いできますか?

ご本人以外のサービスは介護保険では提供することができません。
ただし、介護保険内で提供ができない家事、掃除、お買い物等は自費サービス利用にてのご提供が可能です。

Q.役所への各種手続きや、銀行などへの用事もお願いすることはできますか?

行政への手続きや金銭の管理につきましてはお受けすることはできません。

Q.サービスに不満や疑問がある場合はどうすればいいですか?

サービスを利用していて、サービスの内容に不満や疑問がある場合は、遠慮なく早めに担当のケアマネジャーや、サービスを提供している事業所・施設の担当者や責任者に相談しましょう。

Q.介護保険被保険者証を紛失してしまいました。再発行してもらえますか?

介護保険被保険者証を紛失した場合は、市区町村の窓口で再交付の申請をしてください。
ご本人または同居のご家族が、身分を証明できる書類を持参した場合は、その場で再交付されます。それ以外の場合は、ご本人あてに被保険者証が郵送されます。

TOP